• Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon
  • Black Instagram Icon

© 2015 OgawaKota&Tomasong all right reserved.

  • 小川コータ&とまそん

聖灯看護専門学校の卒業記念講演


昨日は横浜市鶴見区にある聖灯看護専門学校の卒業記念講演ということで、 卒業生に向けてライブをしてきました!

国家試験も終えて、新たなスタートを切る看護師の卵達に、 先生達からのプレゼントという素敵な企画。 先生達との打ち合わせでは、この企画を通して生徒達へ伝えたいメッセージがとめどなく溢れ、 自分の子供のように、将来を案じて全力で応援してくれいるのが伝わってきました。

リクエスト曲もどんどん出てきて、それだけでセットリストが決まってしまうほどだったけど、 実際にライブでやってみると、自分の言葉のような、先生の言葉のような、不思議な気持ちになりました。

卒業しても、気軽にふらっと遊びにおいでという「ふらっと」 これから先大変なこともあるけど自分たちらしく頑張って欲しいという「on and on」 巣立っていく生徒達を温かく見守る先生という目線でも共感できることがわかった「ここにずっと」

自分たちの曲の事をこんなに言葉の通り素直に聞いてくれていたことがライブ中に分かって、心から感動しました。

看護師って、タダでさえ人間の健康に関わる緊張感ある職場なのに、時間も不規則で体力的にも大変だったりする。 たまたま色々なことが重なってストレスを溜めてしまうと、患者さんに対しての対応も変わってしまうだろうし、 そんな自分に対しての憤りを感じてしまったり、そんなところまで含めて本当に大変な仕事なんだと思う。 だから笑顔で優しくお世話している看護師さんをみるとそれだけで泣きそうになるくらい感謝しています。

僕らみたいに人前でライブをする立場だって、疲れていたり、その事にストレスを感じていたら、 みんなを元気にすることなんて出来ないと思うから、自分が一番この瞬間を楽しみにして、楽しんでる人でありたい。 それこそがみんなにとっても楽しい時間に出来る唯一の方法だと信じています。

だからこそ、自分を押し殺すようなことはせずにのびのびやって欲しい、 それが出来ても出来なくてもふらっと学校に遊びに来て顔見せて欲しい。 顔見たらどんなかなんてすぐわかるんだから。

なんて、ライブをしてるうちに感情移入しすぎて苦労も知らずに先生達になりきってしまった。笑

生徒達が描いてくれた黒板アートも、 最近調子悪かったコータの喉を気遣ってか楽屋にさりげなく置いてあるはちみつも、 盛り上がろうか様子見てる生徒達をよそに先に弾けちゃってる先生も、 ホスピタリティが溢れていて、そういう優しさ、感謝してます。

最後に校歌をみんなで歌ったんだけど、 ノリよくリアレンジしてみたら、 諸手を挙げてハンドクラップ&2ステップで さながら天使にラブソングをのエンディング!!

Oh!! Happy Day!!

とま

#LiveRepo

124回の閲覧